トップ / インプラントの知らなかった常識

インプラントの知らなかった常識

インプラントの痛み

手術

インプラント治療による痛み

インプラント治療に興味があるけれども手術中の痛みに不安があるという人は多いのではないでしょうか。治療では手術が必要となりますが、部分麻酔が行われるため強い痛みを感じることはありません。それでも不安を感じるという人は静脈内沈静法という麻酔方法を採用している歯科を利用するといいでしょう。麻酔科医の管理の下で麻酔が行われ、意識がぼうっとしている間にインプラント治療が終了します。術後の数日間は傷が痛むこともありますが、治療した歯科から頓服の鎮痛薬を処方されるので、それを服用すれば数日で痛まなくなります。

歯の手術に痛みはあるか

インプラント治療に置いては、手術そのもので痛みを伴うことはほとんどありません。埋め込みの過程では骨をドリルで削る必要がありますが、骨そのものにはほとんど痛覚はありませんので問題ありません。もしもインプラント治療で痛みを感じるとすれば、歯茎からのものでしょう。手術中は麻酔が効きますので心配ありませんが、麻酔が切れてから痛むことがあるかもしれません。しかし、手術後には鎮痛剤が処方されますので、麻酔が切れる前に服用すれば大丈夫です。不安な方は、医師と相談してできるだけ歯茎を切らずに済む治療法を選択するとよいでしょう。最近は、フラップレスという無切開無痛手術もあります。

↑PAGE TOP