トップ / インプランの治療とは

インプランの治療とは

インプランをする理由

手術

インプラント治療について

インプラントとは、虫歯や歯周病などで抜けてしまった歯の代わりに、顎の骨にネジのような人工歯根を埋め込み、自然の歯によく似た人工歯を装着する治療法です。ブリッジや入れ歯などとは違い、周りの歯に負担をかけたり、弱らせてしまうことがないのが特徴です。1本からでも治療することができるのも魅力です。インプラントは、今まであった自分の歯と同じように、力強く物を噛み砕くことができます。入れ歯などのようにズレてしまったり、噛めないということはありません。

インプラントのメリットデメリット

インプラントとは、虫歯や歯周病などで歯を失ったときの治療法の一つです。歯のあった部分にチタンなどのねじを骨(歯槽骨)にねじこんで人工の歯根とし、それを土台としてセラミックなどで人工の歯を形成する方法です。インプラントのメリットは、うまく骨と一体化すると、入れ歯やブリッジよりも強い力で、自分の歯のような感覚で噛むことができる点です。デメリットは、保険が適用できず費用が高額であることと、血管や神経が通っている個所で手術を行うので、熟練した技術が必要である点です。

↑PAGE TOP